トレンド日本

結婚したいなら「寺」に行け…「寺コン」の意外な高確率

【トレンド日本】結婚したいなら「寺」に行け…「寺コン」の意外な高確率
【トレンド日本】結婚したいなら「寺」に行け…「寺コン」の意外な高確率
その他の写真を見る (1/6枚)

 「どうして結婚しないの? と言われるけれど、周りをみても結婚したい相手がいない…」。そんな悩みを抱える人の助けになりたいと、僧侶が企画・運営する婚活イベント「お寺で婚活 吉縁会」が5月下旬、東京都内では初めて開催される。主催は臨済宗妙心寺派東京禅センター(世田谷区)で、全国規模の禅宗として知られる妙心寺派(大本山・京都市右京区)の機関だ。平成22年に静岡県内の同宗派の寺でスタート、これまでに80組から成婚報告が届いている。「お寺という場所にひかれた。いい人と巡り会いたい」という参加者と、「費用を掛けず、安心なご縁を取り持つのも社会貢献」という僧侶たち。それぞれの思いはかなうのか。(日野稚子)

「お寺だから安心」女性が殺到

 4月26日。東京都文京区の徳源院に結婚適齢期の男女が次々と入っていく。カジュアルなジーンズスタイルだったり、キレイ系のワンピース姿だったりと服装もさまざまで、法事の参加者とは一線を画す。そのうちの1人、流通会社勤務の独身男性(30)は「一見すると本当に相手がいないの?と思うような女性ばかりとすれ違うので、正直、驚いた」と目を丸くする。「参加希望者が多く抽選との説明を受けました。当日、参加できるといいんですけど…」

会員限定記事会員サービス詳細