ファッションおたく

「エフォートレス」「ノームコア」って何? 普通の人だと、ダサダサ…

【ファッションおたく】「エフォートレス」「ノームコア」って何? 普通の人だと、ダサダサ…
【ファッションおたく】「エフォートレス」「ノームコア」って何? 普通の人だと、ダサダサ…
その他の写真を見る (1/4枚)

がんばり過ぎずにがんばる?

 先日、ファッション関連サイトから新作PRのメールが届いた。「ほどよく崩したエフォートレス・ファッションで抜け感のある旬コーデに!」というタイトルだ。最近やたら目に付く「エフォートレス」は、今年のファッションのキーワードだそうだ。昨年流行した「ノームコア」はもう廃れたのか? どちらの言葉も意味がさっぱり分からない人も多いだろう。言わんとしているニュアンスは伝わるが、私もよく分からない。

 エフォートレスとは「努力を要しない、軽々とやってのける」という意味で、ファッションに置き換えると、「肩肘はらない、がんばり過ぎないファッション」を指すのだそうだ。女性ファッション誌「ELLE」がエフォートレス・シックという言葉を発信して広まったという。ちなみに、シックとは「上品さ、あか抜け」という意味。

 そのエフォートレス・シック(自然体だけど、あか抜けた)の代表格は、仏女優のシャルロット・ゲンズブールや映画監督で女優のソフィア・コッポラなどが挙げられるという。さまざまな具体例が挙げられているが、大きめのシャツやセーターを着たり、ボタンを1つ2つ外したり、腕をまくったりとユルいけれど、上品さを忘れないといった感じ? 巷に氾濫していたこなれ感(服飾業界で使われることの多い、無理せず着こなしているまたは着慣れている雰囲気を意味する語)とほぼ同様ととらえていいのだろうか。

会員限定記事会員サービス詳細