NHK「クロ現」問題 BPOが審議入り

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は8日、記者の指示によるやらせが指摘されたNHKの報道番組「クローズアップ現代」などについて審議入りすることを決めた。

 今後、担当記者らNHK側に聞き取り調査を行うなどして意見を集約する。

 対象となったのは、昨年5月に放送された「追跡出家詐欺」。同様の内容を扱った同年4月の関西ローカル「かんさい熱視線」も対象となった。川端委員長は委員会後、「BPOとしての意見を言うことに意味がある。『やらせ』かどうかは言葉の定義の問題で、その議論は不毛ではないか。違う切り口を考える必要がある」と述べた。