ソフトバンクがヤマダ電機の5%株主に 227億円出資、携帯から「ペッパー」まで販売力期待

 ソフトバンクとヤマダ電機は7日、資本・業務提携を結ぶことで合意した、と発表した。25日付でヤマダ電機の自社株5%分をソフトバンクが引き受け、ヤマダ電機の大株主となる。ソフトバンクは携帯電話や通信回線、ロボットまでヤマダ電機の幅広い販売力に期待している。

 ソフトバンクはヤマダ電機は株式数の5.0%に相当する4832万4400株を1株当たり471円、総額227億6千万円で引受ける。筆頭株主ではないが、上位株主に相当する。

 具体的な事業提携として、ソフトバンクは(1)ヤマダ電機の全国店舗網を活用して、携帯電話や通信回線販売を強化(2)自然エネルギー事業、ロボット事業とヤマダ電機のスマートハウス事業の組み合わせによる情報通信事業の拡大--などを進める。

会員限定記事会員サービス詳細