ヤマダとケーズがそろって減収減益 消費増税の影響大きく、XP特需後のパソコン不振も痛手 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ヤマダとケーズがそろって減収減益 消費増税の影響大きく、XP特需後のパソコン不振も痛手

 家電量販大手のヤマダ電機とケーズホールディングスの両社は7日、2015年3月期連結決算を発表した。昨年4月の消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減とその後の消費停滞が響き、両社とも売上高、営業利益、最終利益がいずれも前期を下回る減収減益決算となった。ともに今期(16年3月期)は増収増益を目標とする。

 ヤマダの15年3月期連結決算は、売上高が12.1%減の1兆6643億円、営業利益が41.9%減の199億円、最終利益が50.0%減の93億円となった。「消費税増税後の想定を超えた反動減が発生」(同社)したほか、主力のパソコン事業でもXP終了特需の反動減が発生。さらに豪雨や冷夏も重なって、ほとんどの分野で苦戦した。

 今期は最終利益で2.7倍の254億円と急回復をめざす。

 一方、ケーズの15年3月期は売上高が9.1%減の6371億円、営業利益が21.6%減の185億円、最終利益は14.1%減の150億円だった。大型4Kテレビへの買い換えが進んだテレビや理美容器具は前期比プラスとなったが、パソコンや携帯電話、冷蔵庫、エアコンなどは前期比で1割程度の減少となったという。

 今期は最終利益で11.8%増の168億円をめざす。