坂口至徳の科学の現場を歩く

10億分の1、ナノの世界を肉眼で…阪大、蛍光タンパク質の反応を高速化 超解像顕微鏡技術

 永井教授は「超解像顕微技術は、発展途上の技術でさまざまな原理の顕微鏡が開発されています。開発した蛍光タンパク質は生体に優しい可視化が可能なので、この技術の普及に役立つとともに、ナノの世界での生命現象の解明にもつながってほしい」と話している。

 この成果は米科学誌「ネイチャーメソッズ」電子版に掲載された。

会員限定記事会員サービス詳細