花燃ゆ維新伝(21)

高杉晋作の参謀となり、井上馨の命を救った「美濃浪人」所郁太郎

【花燃ゆ維新伝(21)】高杉晋作の参謀となり、井上馨の命を救った「美濃浪人」所郁太郎
【花燃ゆ維新伝(21)】高杉晋作の参謀となり、井上馨の命を救った「美濃浪人」所郁太郎
その他の写真を見る (1/2枚)

 高杉晋作とともに俗論党を破った美濃浪人がいた。名を所郁太郎という。天保9(1838)年、美濃赤坂の矢橋亦一の四男に生まれ、雅号は日本狂生、変名を石川春斎と称した。

 郁太郎は晋作より2歳上である。のち遊撃隊参謀として晋作を助けた。晋作が尽力した4カ国連合艦隊講和談判後に、郁太郎は慎重論を唱え、吉田松陰門下の品川弥二郎に心境を詠み扇面に書き贈った。

 「志士仁人命いたす秋 狂夫何事みだりに優遊 この身馬関に向って死せんば 妓東山携えて酒楼に対せん」

 この扇面は現在尊攘堂(京都大学付属図書館)に所蔵されている。

 尊攘堂は品川が明治20年3月に京都高倉通錦小路に建設し、先覚志士の遺墨を中心に取集したが、発案は松陰であった。

 安政6(1859)年5月15日に門人の入江九一が岩倉獄舎から野山獄中の松陰宛に「先生どうぞ尊攘堂の位牌(いはい)に成り給ふな」と送り、門人らに先覚者の顕彰祭典を行い資料展も開き、その精神を受け継ごうと説いた。

 鷹司家諸大夫小林良典が安政の大獄で連座し江戸で捕えられていたので、松陰は10月12日、伝馬町の獄舎から書状を送り、朝廷の学問も民間に広げるべきだと訴えた。すでに死罪の近いことを覚悟していた。松陰は入江宛の書簡で「かねて御相談申し置き候、尊攘堂の事、僕はいよいよ念を断ち候、この上は足下兄弟の内一人は、ぜひ僕が志成就し呉れられ候事とたのもしく存じ候」と尊攘堂の建設を入江兄弟に託した。

会員限定記事会員サービス詳細