ひなちゃんパパの家族レシピ

しらすの卵とじ丼

しらすの卵とじ丼
しらすの卵とじ丼

ゴールデンウイークはどこへ行っても楽しいけれど、正直言って人混みは疲れます。家に帰ってきてから食事を作るのは大変。かといって、レストランも混んでいるんですよね。

冷蔵庫にはしらす干しがありました。簡単に作れるのは、しらすご飯かぁ…。ちょっと寂しいかな。

「しらす干しを卵でとじて、丼にするのはいかが?」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が勧めてくれました。

しらすと卵。何ともおいしそうな組み合わせです。丼用の片手鍋があるはずなので、探してみます。

「これでいいのよ、ひなちゃんパパ」。江上先生がコンロに置いたのは、いつも使っているフライパンでした。フライパンで一度に3人分の卵とじを作ってしまおうという寸法です。

割りほぐした卵にしらす干しと調味料を順に加え混ぜて、三ツ葉を加えます。三ツ葉はキッチンばさみでチョキチョキ切りました。

つゆで煮るのではなく、薄く油を引いたフライパンでしらす入りの卵液に火を通します。一気に流し入れたら菜箸を大きく動かして混ぜ、蓋をして好みの加減まで火を通します。トロトロにしたかったので、すぐに火を止めました。3等分して、丼に盛ったご飯の上にのせました。

手でちぎった焼きのりを散らして出来上がり。あれ? 包丁もまな板も使わずに作れちゃいました。洗い物が少ないのもありがたいです。