「献体」希望が高齢化で増加…「火葬費を負担してくれる」の声、終活ブームも

                  ◇

《献体》解剖学教育などに役立てるため自らの遺体を提供する。生前に、医・歯学部がある大学や「白菊会」などの献体団体に申し込み、死亡すると、親族らの連絡を受けた大学側が遺体を引き取る。献体前に葬儀を済ませることも可能。遺骨が遺族に返還されるのは通常で1~2年、長い場合で3年以上かかることがある。

会員限定記事会員サービス詳細