【ウイークリーワールド】40のモーターが「表情」を作る…言葉を理解し感情表現する仰天「百面相ロボ」(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ウイークリーワールド

40のモーターが「表情」を作る…言葉を理解し感情表現する仰天「百面相ロボ」

 しかし、ハンソン氏の夢はもっと大きい。このロボットを将来、娯楽やヘルスケア、教育といったさまざまな分野で活躍させるとともに、米国より技術開発などのコストが低い香港をロボット・シティに変貌させるため、妻アマンダさん、息子のゼノン君とともに昨春、香港に移住した。

 ハンソン氏はインクイジターに「人工的な心(を持つロボット)の開発は最も野心的な事業であり、ひとつの組織では完成しない。政府や企業、科学者の参加が必要だ」と呼びかけ、今後、香港に関連企業や科学者らを招き寄せる考えを示した。