【ウイークリーワールド】40のモーターが「表情」を作る…言葉を理解し感情表現する仰天「百面相ロボ」(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ウイークリーワールド

40のモーターが「表情」を作る…言葉を理解し感情表現する仰天「百面相ロボ」

 香港で18日から4日間の日程で開催した世界最大のエレクトロニクス・フェアで、人間のように言葉や感情を理解し、それを表情で巧みに表現できる米国生まれの男性人型ロボット「ハン」が登場し、来場者を驚かせた。米国ではIT大手グーグルがロボットに特定の性格などを植え付けられるシステムの特許を取得したばかり。豊かな表情を作り出せるハンの技術を活用すれば、グーグルによる性格移植の「器」とすることも期待できる。(SANKEI EXPRESS

米研究者がお披露目

 18日付英紙デーリー・メール(電子版)などによると、ハンを開発したのは、米国出身のロボットデザイナー兼研究者のデビッド・ハンソン氏が創業者兼社長を務める「ハンソン・ロボティクス社」。

 ハンは首から上の頭部を人間そっくりに再現したロボットで、ナノテクノロジーの技術で開発した人間の皮膚に近い柔らかさを有する特殊ゴム素材「フラバー」を使用している。フラバーとは「フレッシュ(肌)」と「ラバー(ゴム)」の合成語だ。