九転十起の女(3)

朝ドラにネタ本…著者が、いま明かす創作秘話

 同郷の研究者と結婚し、すてきな家を建て、いい家庭をつくることに熱中した。しかし、それはいともあっさりと崩壊した。

 どうやって生きていったらいいのか。呆然(ぼうぜん)自失の時期をへて、何か自分なりのものを書きたいと切望するようになる。

 そんな時、手に入れたのが高群逸枝の「大日本女性人名辞書」。広岡浅子の名前はその中にあった。  (石野伸子)    =敬称略、(4)に続く