自民、維新、次世代3党がカジノ法案再提出

 自民、維新、次世代の3党は28日、カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)整備推進法案を衆院に再提出した。ギャンブル依存症対策として日本人のカジノ施設への入場を制限する規定を新たに盛り込んだ。公明党はカジノ解禁への慎重論が根強く、法案提出には加わらなかった。