電子版「お薬手帳」共通化へ 厚労省、利便性向上に向け標準仕様の構築検討

 厚労省は、QRコードの標準フォーマットを構築し、異なる電子版お薬手帳でも読み取ることが可能になるよう互換性を持たせることを目指している。記録する情報も薬の種類や服用薬歴だけでなく、薬剤師のコメントを載せるなど充実させる案もある。今後、電子化の現状を調査した上で検討課題を洗い出し、QRコードの標準化にメドがつけば、関係団体などに順次採用するよう働きかける方針だ。