ご当地アイドル発見

東京・ホワイトレース(下)コメディーもかぶりものもおまかせ ライブはおもしろ過ぎて痩せる?!

【ご当地アイドル発見】東京・ホワイトレース(下)コメディーもかぶりものもおまかせ ライブはおもしろ過ぎて痩せる?!
【ご当地アイドル発見】東京・ホワイトレース(下)コメディーもかぶりものもおまかせ ライブはおもしろ過ぎて痩せる?!
その他の写真を見る (1/29枚)

 「天使すぎるアイドル」として脚光を浴びるマーシュ彩(14)が在籍し、注目度急上昇中の「White Lace」(ホワイトレース)。東京都内を中心に活動し、白いレースを意味するユニット名で清楚(せいそ)なイメージがウリだが、おもしろトークやギャグもできる、にぎやかキャラクター揃いの7人だ。

特技いろいろ

 「ホワイトレースの天然記念物、まなてぃです」

 「歌うの大好き、食べるの大好き、笑うの大好き。みょんみょんです」

 ステージ登場時にこう自己紹介するメンバー。リーダーのもりち(森千秋、20)やマーシュ(マーシュ彩)にひけをとらない、独自のキャラクターを放つメンバーたち。

 現役大学生で担当カラーはオレンジのまなてぃ(高梨茉奈、20)は韓国語が話せ、「上野に来る韓国人観光客との架け橋になりたい」と頑張り屋。

 おっとりしたルックスが魅力の緑担当、はまやん(浜口綾、18)は、漢字検定3級、数学検定準2級の知性派。「トークはいい感じにゆるくて」と癒し系でもありそうだ。

 ソロステージでウサギのようなかぶり物を身につける青担当のみょんみょん(田中弥音、15)は、クラリネットの演奏や声まねができるマルチタレント。

 赤担当のうららん(岡田うらら、17)は、イラストを描くことやパソコンを使うことが好きなアーティスト派。クラシックバレエ歴10年でステージのダンスの優雅さに注目したい。

 メンバー最年少で黄色担当のしぃちゃん(富岡志織、14)は、薙刀(なぎなた)ができる大和撫子だ。

コメディーもお任せ

 「ヨー、ヨー。何やってんだぁ~ヨー?!」

 オレンジ、黄色、水色で分けられたど派手なアフロヘアのかぶりものに、サングラス。日常のたわいない会話をラップ調でトークする人気パフォーマンス「BOBS(ボブズ)」。

会員限定記事会員サービス詳細