浪速風

レジェンドたちに「あっぱれ!」

【横浜FC-長崎】前半、先制点を挙げて喜ぶ横浜FCの三浦(右)=中井誠撮影
【横浜FC-長崎】前半、先制点を挙げて喜ぶ横浜FCの三浦(右)=中井誠撮影

忍者のようにタッチをかいくぐったスライディングよりも、ヘルメットが飛んで露出したイチロー外野手のゴマシオ頭に驚いた。Jリーグの最年長ゴール記録を更新した三浦知良選手も髪に白いものが目立つ。41歳と48歳。野球もサッカーも激しいスポーツだが、衰えぬ肉体に感心する。

▶三浦選手には野球評論家の張本勲さんがテレビ番組で引退勧告して論議を呼んだ。「カズよ、もうお辞めなさい。後輩に席を譲れ。現役にしがみつくな」。その言葉に「もっと活躍しろと言われているんだと思う」と発憤したという。すぐに結果を出したのは、張本さんならずとも「あっぱれ!」である。

▶スキーのジャンプでは42歳のレジェンド、葛西紀明選手がいる。プロ野球中日ドラゴンズの山本昌投手はこの夏で50歳になる。ただ選手寿命が延びたのではなく、いずれも一流を維持している。陰で人知れぬ鍛錬、努力があるのだろう。わが身を振り返ると、不摂生が恥ずかしい。