ひなちゃんパパの家族レシピ

昭和を感じさせる…魚肉ソーセージのポテトサラダ

魚肉ソーセージのポテトサラダ
魚肉ソーセージのポテトサラダ

今月29日は「昭和の日」。昭和を感じさせる食べ物って何かなぁ? とスーパーを一回りしてみたら、魚肉ソーセージに目が留まりました。

ひなちゃん、パパは昔、これをおやつに食べたりしていたんだよ。

「ひなは今も好きですぅ~」

そうなの? ひなちゃんは普段、食べているんだね。久しぶりに、ビールでも飲みながらマヨネーズをかけて食べてみようかな?

「ちょっと待って、ひなちゃんパパ。せっかくだから、お料理にしてみるのはどうかしら? ポテトサラダはいかが?」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生がこう勧めてくれました。

ポテトサラダはみんな大好き。早速、ジャガイモを皮付きのまま、丸ごとゆでました。ゆで時間はジャガイモの大きさによって変わりますが、竹串を刺してみて、すっと通るくらいの軟らかさになったらOK。手で持てるくらいまで冷めたら皮をむいて、一口大に切ります。これをマヨネーズであえるんですよね。

「その前にドレッシングで下味を付けるの。市販のフレンチドレッシングでもいいのよ。こうすると、ばっちり味が決まるわ」と江上先生。

「それから、魚肉ソーセージは炒め物やパスタに入れてもおいしいわ。魚嫌いの人でも食べられるし」