エロチックナンセンス、「現代の浮世絵師」 漫画家の小島功氏が死去 - 産経ニュース

速報

速報

体操男子団体 銀メダル

メインコンテンツ

エロチックナンセンス、「現代の浮世絵師」 漫画家の小島功氏が死去

エロチックナンセンス、「現代の浮世絵師」 漫画家の小島功氏が死去
エロチックナンセンス、「現代の浮世絵師」 漫画家の小島功氏が死去
その他の写真を見る (1/2枚)

 清酒「黄桜」のCMキャラクターや「仙人部落」で知られる漫画家の小島功(こじま・こお、本名=こじま・いさお)氏が14日、脳出血のため死去した。87歳。葬儀・告別式は28日午後1時半、東京都港区芝公園4の7の35、増上寺で。喪主は長男、匠(たくみ)氏。

 昭和3年、東京生まれ。早くから漫画家を志し、川端画学校、太平洋美術学校などに学んで雑誌に投稿。次第にエロチックナンセンスの世界を展開していった。

 22年に独立漫画派を結成。31年から雑誌「週刊アサヒ芸能」で「仙人部落」を開始、流麗な筆致で描いたしなやかな美女のイラストで人気を博した。49年には清酒「黄桜」のキャラクター、カッパのイラストで一世を風靡(ふうび)。生涯あでやかな美人画を描き続け、「現代の浮世絵師」と呼ばれた。

 昭和43年、歴史に取材した「日本のかあちゃん」などで文芸春秋漫画賞を受賞。平成2年に紫綬褒章、12年に勲四等旭日小綬章。後進の育成にも尽力し、昭和39年に日本漫画家協会を設立。理事長を経て現在は名誉会長を務めていた。