浪速風

「一定の結果」に込められた意味

「特別区設置協定書」の住民説明会で説明する橋下徹大阪市長=14日午前、大阪市浪速区(山田哲司撮影)
「特別区設置協定書」の住民説明会で説明する橋下徹大阪市長=14日午前、大阪市浪速区(山田哲司撮影)

政治家の言葉は額面通りには受け取れない。統一地方選の開票直後に、大阪維新の会の松井一郎幹事長(大阪府知事)は「(府議選で過半数を獲得できず)負けです。僕の力不足」。民主党の枝野幸男幹事長は「党再生に向けた一歩を踏み出しつつある」。はて、そう言える結果だったっけ?

▶4年前を思い出す。維新を率いて旋風を巻き起こした橋下徹代表(当時は府知事)がやはり「敗北宣言」をした。大阪市議会で過半数を得られず、「都構想は支持されなかった。いったん白紙にする」とまで言った。まもなく知事辞職を表明して大阪市長選とのダブル選挙に打って出た。

▶橋下氏は今回は「一定の結果を出してくれた」と評価した。見すえているのは1カ月後の大阪都構想の住民投票である。大阪市内では都構想の住民説明会がスタートした。反対する各党も運動を加速させる。賛成、反対は拮抗(きっこう)している。地方選で50%に届かなかった投票率がどうなるかがカギだ。