世界を読む

ソウル大で「権力型性犯罪」が深刻 ハーバード大は教授と学生の「性的関係」禁止 性乱れる世界の最高学府

【世界を読む】ソウル大で「権力型性犯罪」が深刻 ハーバード大は教授と学生の「性的関係」禁止 性乱れる世界の最高学府
【世界を読む】ソウル大で「権力型性犯罪」が深刻 ハーバード大は教授と学生の「性的関係」禁止 性乱れる世界の最高学府
その他の写真を見る (1/3枚)

 世界中の大学で教員による学生への性的暴行やセクハラが後を絶たない。韓国では昨年12月、ソウル大の有名教授が複数の女子学生にセクハラをした疑いで逮捕された。米国では学生の5人に1人が被害にあっているといい、米国の名門ハーバード大では今年に入り、教員と学生との間の恋愛関係に関する新方針を示し、性的関係を持つことを公式に禁じた。世界の最高学府が乱れている。

遊園地のベンチで膝に座らせ、体に触れる…

 韓国の最高学府と称されるソウル大がセクハラ問題にさらされている。数理学分野の研究で著名な教授が複数の教え子とインターンの女子学生に対し常習的に痴漢行為などを行っていたとして、昨年12月、常習強制わいせつの疑いで捜査当局に逮捕されたのだ。

 韓国紙、ハンギョレ(電子版)によると、この教授は昨年7月、ソウル市内の遊園地のベンチで学会を準備するため自身の仕事の手伝いをしていた他大学出身の数人のインターン女子学生を膝(ひざ)に座らせ、体を触れたとされる。ソウル大の女子学生4人にも繰り返し会うことを強要し、実際に会えばスカートの下に手を入れたり、抱きついて強制的にキスした疑いももたれている。

 ソウル大のセクハラ騒動はこの教授だけにとどまらない。