鈍機翁のため息

(266)間奏 V 池澤夏樹さんの改憲論

 池澤さんの現状認識には同意するところが多い。《この国はおよそ主権国家の体を成していない。そういう事態が六十年以上続いてきた》《日本は今でも国連=戦勝国連合にとっては「敵国」のままだ。このラベルは撤回されていない。我々は今もって敗戦国なのであり、条約と法律の体系はそれを反映している。国家主権を確立した独立国ではないのだ》。さらに矢部さんの言葉を引きながらではあるが、《日本国憲法をGHQ(連合国軍総司令部)が作ったことは認めざるを得ない》と書く。まさにその通りだ。だが、ちょっと待ってほしい-。(桑原聡)