芸能プレミアム

働く女性の背中押したい AKB48、渡辺麻友 「戦う!書店ガール」

インタビューに応える渡辺麻友(宮崎瑞穂撮影)
インタビューに応える渡辺麻友(宮崎瑞穂撮影)

 ふんわりとしたワンピースを翻してやって来た。春風のようにやさしい印象をたたえながら、瞳には強い意志を宿す。向き合うと身動きができなくなりそうだ。

 「脱アイドルしたいです。ずっとアイドルしてはいられない。ずっとかわいいだけでは許されないので」

 いまや、国民的アイドルであるAKB48のセンターを張る渡辺だが、まっすぐ先を見据えている。次に目指すのは女優だ。

 人生で初めて演技をしたのは幼稚園の年長の時。「不思議の国のアリス」をクラスで演じ、渡辺の役はオウムだった。「本当はアリス役をやりたかったんですが、じゃんけんで負けてしまって。せりふもないすごい端役だったけれど、それでも演じることが楽しかった」

 おぼろげながら感じた芝居への思いは、AKB48で活動していくうちに具体化する。「踊ったり、歌ったりするなかで、表現することの楽しさ、すばらしさに気がつき、将来は女優になりたいと思うようになりました」

 14日にスタートする「戦う!書店ガール」(カンテレ系)で稲森いずみとダブル主演に抜擢されたことは、夢をかなえる大きな一歩ととらえている。これまでも、深夜枠でのドラマ主演はあったが、火曜午後10時というゴールデン・プライム帯(午後7~11時)の連続ドラマでの主演は今回が初めて。自身の演技がより多くの人の目にとまることになる。

 「今までの私を知っている人にも知らない人にも、渡辺麻友はこんなこともできるんだ、と発見してもらえるよう全力で演じたい」