統一地方選

公明・斉藤氏、安保法制が苦戦の一因

 公明党の斉藤鉄夫選対委員長は12日、大阪府議選などで党公認候補が苦戦したことについて「国政でいろいろ大きな議論がされていることも影響した」と述べ、安全保障法制をめぐる与党協議などが響いたとの認識を示した。党本部で記者団に語った。

 斉藤氏は「公明党は地方創生に関し、地域の実情にあった振興策や活性化策を提案してきた」と強調。「厳しい選挙だったが、尻上がりに支持者の応援も熱気が増していった」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細