ロト6詐欺容疑、「顧問」の男逮捕 警視庁

 数字選択式宝くじ「ロト6」の当せん番号を教えると嘘を言って現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は11日、詐欺容疑で、特殊詐欺グループの元締めで無職、山中裕樹容疑者(37)=東京都台東区入谷=を逮捕した。同課によると、容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成26年7~8月、世田谷区の会社役員男性(71)に「ロト6の当選番号を教える」などと嘘の電話をかけて現金計約1千万円を振り込ませてだまし取ったとしている。

 山中容疑者らのグループは同様の手口で24年以降、約950人から計約4億5千万円を詐取していたとみられる。

 同課は26年9月以降、詐欺の電話をかける「架け子」役の渋谷区内のアジトを摘発するなどしてグループの8人を逮捕。供述などから、「顧問」と呼ばれ、グループを統括していた山中容疑者の関与が浮上した。

ロト6詐欺容疑、「顧問」の男逮捕 警視庁

会員限定記事会員サービス詳細