セクシーな外科医、斎藤工…「きれいなだけではない恋愛事情がある」

石田ゆり子と初共演。「距離感を大切にしたい」と斎藤工
石田ゆり子と初共演。「距離感を大切にしたい」と斎藤工

 「一視聴者としてフジテレビのドラマは思春期から見ていた。自分の資質がハマるとは思っていなかったので、自分にできることがあればこのステージでフルスイングしたい」

 同局ドラマ初主演となる斎藤工(33)は、言葉を選びながらうれしさをかみしめる。

 9日スタートの木曜劇場「医師たちの恋愛事情」(木曜後10・0)で正義感の強い外科医を演じる。だが、そこはドラマ「昼顔」などの演技に代表される、いま最もセクシーといわれる旬の俳優。内容も、年下のセクシーな外科医が、恋を諦めた年上の女医(石田ゆり子)に恋を思い出させる医療と恋愛が融合した医療ラブストーリーというもの。興味は尽きない。

 「石田さんは表現者としてのスペックがすばらしい。作品の中にいらっしゃるだけで、まわりの空気や湿度が変わる稀有な女優さん。清らかで知性にあふれた聡明(そうめい)な印象です」

 初共演となる石田を絶賛し、「恋愛関係はそこに向かっていくのではあるが、一筋縄ではいかないだろう。シェークスピアではないですけど、引き裂かれる見どころを作っていきたい」と斎藤なりの解釈で含みをもたせた。