「憎たらしくもすごい投手」 アンチ巨人の首相が初登板の堀内氏に答弁 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「憎たらしくもすごい投手」 アンチ巨人の首相が初登板の堀内氏に答弁

「憎たらしくもすごい投手」 アンチ巨人の首相が初登板の堀内氏に答弁
「憎たらしくもすごい投手」 アンチ巨人の首相が初登板の堀内氏に答弁
その他の写真を見る (1/3枚)

 「堀内さんが活躍していた頃はアンチ巨人だった。応援しているチームが痛い目にあい、『本当に憎たらしいピッチャーだ』と思いながらも『この人はすごいな』と思った」

 ヤクルトファンを公言している安倍晋三首相が8日の参院予算委員会で、V9時代の巨人のエースとして活躍した自民党の堀内恒夫氏の質問にユーモアを交えて答える場面があった。

 堀内氏は「予算委員会は初登板だ」と切り出し、首相に2020年東京五輪を国を挙げて盛り上げる必要性を訴えた。

 首相は、堀内氏の緊張をほぐすように「直球勝負でど真ん中に投げ込んでこられた」と評価。アンチ巨人時代を振り返った上で、「子供たちをワクワク、ドキドキさせる力があるのがスポーツだ。見事に復興をなしとげた姿を世界に発信する大会にしたい」と答えた。