【衝撃事件の核心】「政治弾圧だ」中核派京大生が法廷〝演説〟 傍聴席「ナンセンス!」の不規則発言 裁判官「出て行け」とキレる異様(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

衝撃事件の核心

「政治弾圧だ」中核派京大生が法廷〝演説〟 傍聴席「ナンセンス!」の不規則発言 裁判官「出て行け」とキレる異様

【衝撃事件の核心】「政治弾圧だ」中核派京大生が法廷〝演説〟 傍聴席「ナンセンス!」の不規則発言 裁判官「出て行け」とキレる異様
【衝撃事件の核心】「政治弾圧だ」中核派京大生が法廷〝演説〟 傍聴席「ナンセンス!」の不規則発言 裁判官「出て行け」とキレる異様
その他の写真を見る (1/2枚)

 法廷は異様な空気に包まれた。極左集団「中核派」全学連副委員長で京都大工学部の男子学生(23)が関西大の情報施設に無断侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕、起訴された事件。大阪地裁で3月に開かれた公判には大勢の支援者が駆けつけ、公判検事らに抗議の声を次々に上げては退廷を命じられる異常事態に。男子学生も事件について黙秘した上、「全学連副委員長の私を狙い撃ちした」「政治弾圧に他ならない」と証言台で長々と演説するなど、まゆをひそめたくなるような振る舞いを続けた。結局、判決は罰金刑ながら有罪となったが、学生がなぜ侵入したのかという肝心な部分が公判で明かされることはなかった。

生年月日「黙秘します」

 40席余りの傍聴席の大半が学生の支援者で埋まった3月13日の初公判。証言台に立った学生は、裁判官に生年月日を問われると、被告としての権利を早速行使した。

 「黙秘します」

 警察の取り調べ段階から黙秘を続けていたという学生。氏名や京大生という立場、中核派の拠点とされ、今回の事件で家宅捜索された京大の学生寮「熊野寮」に居住していることは明かしたが、本籍を問われると再び黙秘権を行使した。

 続いて、検察側が起訴状を読み上げた。概要は次の通りだ。

 《被告は正当な理由なく平成26年12月30日午前4時18分ごろ、大阪府吹田市の関大千里山キャンパスのインフォメーションテクノロジー(IT)センター内に侵入した》

 起訴内容に対する認否を問われた学生は、おもむろに取り出したノートのメモを読み上げ始めた。