映画オタク記者のここが気になる

〈期待の若手女優(3)〉眉毛キリリの正統派美少女、姉はあの美人女優 「案山子とラケット」の平祐奈

 ここで、女優としてのポテンシャル(潜在能力)を探るため恒例の質問を。「ほかの女優に負けない武器は?」

 「やる気と根性は負けません。ウフ。好奇心が旺盛というか、アクションや時代劇とか、いろんなことにチャレンジしたいですね」

 この後はホラー映画「青鬼 Ver2・0」(7月4日公開)のヒロイン役が決まっている。姉の愛梨も「呪怨-ザ・ファイナル-」(6月20日公開)に主演するから、「美人姉妹」のホラー映画が6、7月と連続して公開されることになる。美少女とホラーとの相性は良く、前述のジェニファー・コネリーは「フェノミナ」(1985年)や「エトワール」(88年)でより美しさを際立たせていた。その後、演技派女優へと成長し、「ビューティフル・マインド」(2001年)でアカデミー賞助演女優賞を受賞した。目指すは和製ジェニファーか。(WEB編集チーム 伊藤徳裕)