けいざい独談

〝経済音痴〟民主党政権時代の「円高株安」に戻りたいか? 日銀「大規模緩和」への批判に覚える「違和感」

デフレ脱却の勢いが弱まり、日銀の大規模緩和に風当たりが強まっているが…(写真は黒田東彦総裁と日銀本店)
デフレ脱却の勢いが弱まり、日銀の大規模緩和に風当たりが強まっているが…(写真は黒田東彦総裁と日銀本店)

 日銀が大規模金融緩和を始めて間もなく2年を迎える。景気を底上げするため、「2年で2%」の物価目標を掲げたものの、2月の物価上昇率は0%。日銀は今、民主党や一部エコノミストから「金融緩和が景気を押し上げるというのは幻想」と痛烈な批判にさらされている。だが、「円高・株安」に苦しんだ民主党政権時代に戻るべきなのだろうか…。

リフレ派

 日銀は平成25年4月、国債を買って市場に大量のお金を流す「異次元」の大規模金融緩和を導入し、「2年程度で2%」の物価目標を掲げた。

 「脱デフレ」を唱える安倍晋三政権の大号令の下、黒田東彦総裁ら日銀の「リフレ派」が実行部隊を担った。

 リフレ派とは、大胆な金融緩和で物価上昇による不況脱出を目指す人たち。リフレ派の論客として知られる岩田規久男・学習院大教授も副総裁として招かれ、日銀はリフレ派の総本山と化した。

会員限定記事会員サービス詳細