奈良の新名物に「竜田揚げ」!?ゆかりの川流域3市町が町おこしプロジェクト

奈良の新名物に「竜田揚げ」!?ゆかりの川流域3市町が町おこしプロジェクト
奈良の新名物に「竜田揚げ」!?ゆかりの川流域3市町が町おこしプロジェクト
その他の写真を見る (1/2枚)

 肉や魚にかたくり粉をまぶして揚げる「竜田揚げ」。食卓でもおなじみのメニューだが、実はルーツがはっきりしない。有力な説の一つが奈良県北西部を流れる竜田川にちなむというもの。斑鳩町など流域市町では「ご当地グルメ」として売り出そうと、PRに力を入れ始めた。かつて志賀直哉が書いた随筆の影響で「うまいものなし」と揶揄(やゆ)されがちな奈良で、イメージを覆す名物になるか。(浜川太一)

ルールとルーツ

 そもそも竜田揚げとは何だろう。から揚げの一種ではあるが、そう呼ばれるには「条件」があるという。

 社団法人「日本唐揚協会」(東京都)の八木宏一郎専務理事(39)によると、1つ目はつけだれ。

 から揚げであればたれは何を使っても自由だが、竜田揚げの場合はしょうゆ、みりんベースと決まっている。また、食材にまぶすのも小麦粉ではなく、かたくり粉でなければならない。八木専務理事は「それがルール」と話す。

 から揚げは江戸時代初期、油で揚げる「調理法」として中国から伝わったとされる。