安保法制整備

古賀誠氏が猛批判「とんでもない法制化」「自民ハト派、なぜ黙っている!」

自民党の古賀誠元幹事長(三尾郁恵撮影)
自民党の古賀誠元幹事長(三尾郁恵撮影)

 古賀誠元自民党幹事長は27日のTBS番組収録で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制について「中身を見てみると、集団的自衛権の議論から大きく踏み越している。とんでもない法制化が進められようとしている」と批判した。

 その上で「自民党の先生方、何か言ってくれよ。なぜ黙っているんだ。ハト派じゃなく良質な保守派がいっぱいいるはずだ」と述べた。「政権与党の先生方にしっかり考えて発信してもらいたい。それが大きな責任ではないか」と期待を示した。

会員限定記事会員サービス詳細