東電が原賠機構に6千億円超の追加支援を申請 総額6兆円に迫る、除染費用など

 東京電力は26日、東京電力福島第1原発事故の被害者への賠償のため、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に対し約6348億円の資金援助を追加で申請した、と発表した。資金援助額の変更申請は7回目で、援助額の累計は約5兆9362億円となる。

 除染費用の見積額が増加するほか、出荷制限や風評被害などの見積額の算定期間を延ばしたことなどが理由だ。これを受け、機構は東電と共同で3月末までに国に追加支援を申請する。

会員限定記事会員サービス詳細