【独旅客機墜落】事故原因か 操縦士がコックピットから閉め出された可能性 もう一人「ドアを開けず」 米紙報道 - 産経ニュース

メインコンテンツ

独旅客機墜落

事故原因か 操縦士がコックピットから閉め出された可能性 もう一人「ドアを開けず」 米紙報道

 【ニューヨーク支局】フランス南部アルプス山中で機体が粉々になって発見されたドイツの格安航空会社「ジャーマンウイングス」のエアバスA320機墜落で、米ニューヨーク・タイムズ電子版は25日、スペイン・バルセロナを離陸した後、操縦士の一人がコックピットの外に出た後、戻れなくなったと報じた。

 もう一人の操縦士が閉め出した疑いが浮上。謎が深まる中で、直接的な墜落原因につながる有力な証拠となる可能性がある。

 今回の調査に携わる仏軍高官が、離陸直後のコックピット内の会話は「スムーズでとても落ち着いている」と指摘。音声装置には、閉め出された操縦士がコックピットのドアを叩き、次第に大きくなる音が記録されているが、中からは反応がなかったという。

 この調査筋は「(コックピットで一人になった)他の操縦士はドアを開けようとしなかった」とも語った。