ローソンがフィリピンに出店開始 30日マニラに1号店

 ローソンは26日、30日にフィリピンの首都マニラへローソン1号店を出店すると発表した。現地の小売り大手との合弁会社が運営する。フライドチキンなどのカウンター商材のほか、弁当類、菓子類、即席麺、生活雑貨などを販売する。

 現地のニーズを調べた上で今後も出店を進め、フィリピン国内で2015年度中に50店舗、20年度までに500店舗を出すとしている。

 ローソンの海外出店は中国、インドネシア、米国、タイに続き5カ国目。フィリピンには、セブン-イレブン・ジャパンなどほかの日本のコンビニ大手も進出している。