イスラム国

石像破壊は「やらせ」、石膏製のコピー 真の狙いは「密売」

 イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」がイラク北部モスルの博物館で古代の貴重な石像などを破壊する映像を先月下旬に公開したが、そのほとんどは石膏(せっこう)で作られた偽物だったことが分かった。イラク当局が映像を分析し、確認したという。イスラム国は、イスラム教で禁じられた「偶像」に当たるとして破壊したが、その裏では略奪した石像などの文化財を密売し資金源にしているとされる。偽物破壊のやらせ映像は、世界の注目を集める宣伝活動に加え、本物を密売するための偽装工作との見方が出ている。

古代遺跡の責任者明言

 偽物の破壊は、ドイツの国際放送局ドイチェ・ヴィレが16日までに、イラク考古遺産庁の古代遺跡部門責任者、ファウジ・アル-マフディ氏の話として報じ、英紙デーリー・テレグラフ(電子版)などの欧州メディアも一斉に伝えた。

 それによると、マフディ氏は「映像で破壊されている(多数の石像などの)文化財はどれも本物ではない。いずれも石膏で作られたコピー(偽物)だ」と明言した。

会員限定記事会員サービス詳細