千葉県、Lアラートきょう運用開始 NHK総合テレビやヤフーで

 市町村が発令した避難勧告などの情報を迅速に住民に提供するため、県は20日、災害情報共有システム「Lアラート」の運用を開始する。運用開始後は、県内で発令された避難勧告・指示などの情報がNHK総合テレビのデータ放送や、インターネット検索国内最大手ヤフーのサイトで確認できるようになる。

 Lアラートはマルチメディア振興センターが運営する災害情報発信システム。このシステムを活用することで、これまで防災行政無線や広報車で発信していた避難勧告・指示や避難所開設などの情報を、テレビやインターネットといった多様なメディアを通じて地域住民に提供できるようになる。

 県によると、運用開始は同日午前9時から。NHK総合テレビではリモコンの「d(データ)ボタン」を押し、「地域の防災・災害情報」の中から「避難情報」を選択することで情報を確認することができる。ヤフーでは「天気」のページから見ることができる。森田健作知事は19日の定例会見で、「大雨などの災害発生時には市町村が発信する情報に注意し、命を守る行動をとってほしい」と話した。