現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

看過できない政治家の国際感覚 新潟県立大学教授・袴田茂樹

3月初めにロシアで、日露の専門家や政治家がウクライナ問題や日露関係をめぐる非公開の会議を行った。私の最大の関心は、本欄で先月私が書いた見解に対するロシア人の率直な意見を聴くことだった。「日露の歴史を修正しているのはロシア側」という論だが、以下が私の見解の要点である。

「歴史修正」認めたロシア高官

(1)プーチン大統領も含めロシア政府は、北方領土の帰属問題が未決と認めて領土交渉を続けてきたのに、2005年以来「第二次大戦の結果ロシア領と決まった」と主張し始めた(2)ロシアは軍国主義日本がナチスドイツと同盟を組んで、ソ連が被害者になったかの如(ごと)く非難するが、日本は独ソ戦の間も含め「日ソ中立条約」を最後まで守り、それが独ソ戦でのソ連勝利の一因だった。条約を破って日本を攻撃し大西洋憲章の精神に反して領土を拡大したのはソ連だ。

ランキング

  1. 【産経抄】5月29日

  2. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  3. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  4. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  5. 【浪速風】43歳だった

  6. 【朝晴れエッセー】飼い犬に手をかまれる・5月29日

  7. 【産経抄】5月28日

  8. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  9. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  10. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

会員限定記事