ワインのこころ

和総菜にはグリューナー・フェルトリーナーが似合う 青木冨美子

 「和風だしのうまみと甘さのバランスがワインと良く合うね!」

 オーストリアワインの普及・推進を担う『オーストリア・ワイン・マーケティング協会(AWMB)』主催のセミナーのあと、会場に用意された和食との相性探求で、この国のワインに精通するメンバーたちを喜ばせたマリアージュ。それがブリュンデルマイヤーのグリューナー・フェルトリーナー(GV) リード ラム カンプタール レゼルヴ2004と和の総菜肉ジャガと筑前煮=写真=でした。

 GVはオーストリアの固有品種です。ラベルにあるラムはローム(粘土)のことで、石灰を含む粘土が畑を覆っています。

 ブリュンデルマイヤー氏はオーストリア屈指の生産者で、この2004年は彼の技量を見事に証明したワインといえます。

会員限定記事会員サービス詳細