統一選2015

埼玉・毛呂山町 町議、町長と同日選へ 自主解散決議案を提案

 8月に任期満了を迎える毛呂山町議選は、統一地方選第2陣の4月26日に投開票される町長選と同日選で行われる見通しとなった。町議会事務局などによると、議会初日の2日、議長を除く全12議員が提案者、賛成者となり、地方議会の解散に関する特例法に基づいて議会を自主解散する決議案を議員提案。決議案は議会最終日の25日に採決されることが決まった。

 決議案は同法の特別多数議決の規定により、過半数ではなく全議員が出席した場合は11人の賛成で可決となり、議会は自動的に解散する。その場合、選挙日程は統一地方選に関する特例法に基づき、町長選と同時に行われる。

 同町では、昭和30年以来、町長選の約4カ月後に町議選を実施。短期間に選挙が続くことに批判があり、昨年は2回にわたり議会に選挙費用削減と猛暑時期を避けるため同日選挙を求める陳情書が提出されていた。決議案では「世論の動向に向き合い、財政硬直化を避ける」として町民の負託に応えることを訴えた。