防衛最前線

(18)水陸両用車AAV7 中国の強引な海洋進出、島嶼防衛へ背水の着上陸作戦

【防衛最前線】(18)水陸両用車AAV7 中国の強引な海洋進出、島嶼防衛へ背水の着上陸作戦
【防衛最前線】(18)水陸両用車AAV7 中国の強引な海洋進出、島嶼防衛へ背水の着上陸作戦
その他の写真を見る (1/2枚)

 米カリフォルニア州の米軍基地キャンプ・ペンデルトンで、1月19日から陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練「アイアン・フィスト(鉄拳)」が行われている。陸自は訓練に西部方面普通科連隊(西普連、長崎県佐世保市)を派遣、西普連は実戦訓練としては初めて米海兵隊所有の水陸両用車AAV7に乗り込んだ。

 西普連は、平成30年3月末までに新編される「水陸機動団」の主要戦力として統合される。防衛省は現在、4両の試験車両を保有し、統合に合わせてAAV7を52両調達する方針だ。来年度予算案で調達費が計上された30両が実戦配備されるのは、27年度以降となる。

 「島嶼(とうしょ)防衛は喫緊のクライシス(危機)だ。水陸機動団発足後、すぐに戦力化するため今から訓練を積んでおく」

 陸自担当者は、西普連隊員がアイアン・フィストでAAV7に乗り込む理由をこう説明する。

 AAV7の全高は約3.3メートル。敵から身を隠すため、水上運航時は約1.8メートルが水中に沈む。日本の離島が武装漁民や他国軍に占拠された場合、海上自衛隊の「おおすみ」型輸送艦に搭載されたAAV7が洋上から離島を目指し、上陸後は後部扉から飛び出した隊員が速やかに橋頭堡(きょうとうほ)を築く。水陸機動団とAAV7は、これまで自衛隊になかった海兵隊機能を担う。

会員限定記事会員サービス詳細