イスラム国

オバマ大統領、地上部隊の限定派遣に道 武力行使の権限求める決議案 

 イスラム国への空爆作戦の根拠は2001年の米中枢同時テロ後に米議会が採択した武力行使容認決議。オバマ氏は現在でも十分な権限があると認めているが、「超党派による大統領権限」(オバマ氏)を認めさせ、米議会とともにイスラム国に立ち向かう姿勢を明確にする狙いがある。