中国初の空母購入の内幕…「スクラップと値切り倒し、カジノ用と言い逃れ」実業家が香港紙に明かす(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国初の空母購入の内幕…「スクラップと値切り倒し、カジノ用と言い逃れ」実業家が香港紙に明かす

 【上海=河崎真澄】中国人民解放軍出身で香港在住の実業家、徐増平氏が、中国初の空母「遼寧」となった艦船を1999年にウクライナから約2千万ドル(現在のレートで約24億円)で購入した際の内幕を、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストに明かし、話題になっている。

 徐氏は人民解放軍を退役後、88年に45歳で香港に移住して不動産業などで成功した。その後、ソ連崩壊により建造元のウクライナが売却先を失い、40億ドルで売りに出していた空母「ワリヤーグ」に目を付けた。

 同紙に語ったところでは、徐氏は96年にウクライナで会社を設立。12人を駐在させて情報収集し、98年から99年にかけて自ら交渉に乗り出した。中国製の強い蒸留酒「白酒」や多額の米ドル紙幣を持参してウクライナ側と直談判し、「空母ではなくスクラップ船として大幅に値切り倒した」という。

 売買契約では軍事利用は禁じられていたが、「カジノ施設に改修する」と言い逃れ、マカオの会社名義で購入にこぎ着けた。