トレンド日本

アニメ、漫画、コスプレ…アキバで「オタク文化」気軽に体験、共有する『スクール』 

【トレンド日本】アニメ、漫画、コスプレ…アキバで「オタク文化」気軽に体験、共有する『スクール』 
【トレンド日本】アニメ、漫画、コスプレ…アキバで「オタク文化」気軽に体験、共有する『スクール』 
その他の写真を見る (1/5枚)

 今や「サブカルチャーの聖地」となった東京・秋葉原に、アニメや漫画、ゲームをはじめとするあらゆるポップカルチャーを気軽に学べるカルチャースクール「アキバ・ポップ・ドウジョウ」が誕生した。いわゆる「オタク文化」を体験できる場であると同時に、共通の趣味を持つ人たちのコミュニティーとしても活用されつつあるようだ。(戸谷真美)

手ぶら、3500円でジオラマ作り

 1月下旬の土曜日。実物の144分の1のスケールでAFV(装甲戦闘用車両)ジオラマを作る講座には、5人の男性が参加していた。砕いたコルクや木くずなどで地面や岩を再現し、玩具の戦車や装甲車に彩色して制作する。この日はジオラマ初体験という人もいたが、約5時間で全員が思い思いの作品を完成させた。東京都葛飾区から来た小林永照さん(28)は「前からやってみたかったけれど、1人ではハードルが高かった。教えてくれる人がいたのと、みんなで作ったので楽しかった」と満足げだ。

 同講座の受講料は3500円で、基本的に手ぶらで参加できる。講師の瀬川たかしさん(35)は「ジオラマというと、すごく壮大で手間がかかる趣味と思うかもしれないけれど、実際は立体ぬり絵みたいなもの。少しでも楽しさを伝えたいし、こういう場所があるのはうれしい」。医療系の仕事をしている瀬川さんは、将来は介護施設などでも教室を開きたいという。