現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

2.7北方領土の日 歴史修正しているのは誰なのか 新潟県立大学教授・袴田茂樹

最近、ロシアの専門家たちとウクライナ問題で何回か議論し、次のような批判も受けた。「日本は遠いウクライナとは政治・経済関係もほとんどないのに、なぜ対露制裁に加わるのか。単なる先進7カ国(G7)への同調あるいは米国の圧力故ではないか」

私は次のように答えた。「そのことを否定するつもりはないが、別の側面もある。それはG7で日本だけが、ロシアに主権と領土保全を侵されているという意味で、ウクライナと共通の問題を抱えている。従って日本が最も主権侵害を批判する権利を有し、また義務もある。中国との間の尖閣紛争をエスカレートさせないためにも、わが国は主権侵害に毅然(きぜん)とした態度を取らざるを得ないのだ」

最大の過ちだったヤルタ協定

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  2. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  3. 【産経抄】5月22日

  4. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

  5. 【主張】米韓首脳会談 北非核化へ攻勢に転じよ

  6. 【主張】子供とスポーツ 体動かす環境大人が守れ

  7. 【産経抄】5月21日

  8. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  9. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  10. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

会員限定記事