中国トンデモ事件簿

銀行もパクる中国 ニセ銀行摘発 制服姿ニセ行員まで配置…ネットも衝撃「俺がニセ交番開いて詐欺師捕まえる」

 「店舗の中を見たら銀行とまったく同じ様子だったので、正規の銀行と信じて金を預けたんだ」。計2千万元(約3億8千万円)の預金が取り戻せなくなったという男性は中国メディアにそう語った。

高金利謳い資金集める

 中国は現在、銀行の1年物定期預金金利の上限を3・3%に制限しているが、ニセ銀行は通常の銀行と同様の利息に加えて週2%の利子支払いを顧客に約束し、資金を集めていた。

 逮捕されたニセ銀行の経営者ら5人は、集めた預金の持ち逃げを狙ったわけではないようだ。その資金で不動産に投資し、当初は約束した金利を顧客に支払っていた。しかし中国の不動産市況悪化で資金繰りは一気に行き詰まり、顧客への利息支払いもできない状況に。顧客から警察に通報され、設立から1年後にようやく摘発された。

 「銀行にすら偽物があるのか。なんてこった」

 あらゆるニセモノが氾濫する中国だが、ネット上ではさすがに驚きを隠せないコメントが相次いだ。

 「俺はニセ交番を開いて詐欺師を捕まえる」、「いや、俺はニセ裁判所を開設して詐欺師の金を没収する」と国内のデタラメぶりを揶揄する声もあった。

会員限定記事会員サービス詳細