正論

「和諧」を良しとする日本を誇る

 □比較文化史家、東京大学名誉教授、平川祐弘

 ≪敵味方を超えて行われる鎮魂≫

 今年の御用始めの日、東京神田明神は善男善女であふれた。テレビは御利益を願う人々の参拝と報じたが、柏手を打つ人の多くはここに平将門が祀(まつ)られているとは知らない。京都北野天満宮の境内には元旦からお賽銭(さいせん)を投げる人があふれた。受験合格を祈る本人やその親である。ここに菅原道真が祀られているとは承知だが、しかし天神様が崇(あが)められたのは道真の祟(たた)りを恐れたからだとは知らない。

 平安朝の日本で皇位を奪おうとした将門は類を見ない悪人だが、その乱の際、八幡大菩薩が将門を新皇にする託宣を下した。それを取りついだのが道真の霊で『北野天神縁起』には道真は雷神となり、清涼殿に落雷し、廷臣を殺し、醍醐天皇も地獄に落ちたとされる。

 祟(たた)ると崇(あが)めるとは字も似るが、祟りが怖ろしいから崇めたのだ。だが、そんな荒(あら)ぶる御霊(ごりょう)が鎮魂慰撫(ちんこんいぶ)されて今では利生(りしょう)の神、学問の神として尊崇される。神道では善人も悪人も神になる。本居宣長は「善神(よきかみ)にこひねぎ…悪神(あしきかみ)をも和(なご)め祭る」と『直毘霊(なおびのみたま)』で説いた。鎮魂は正邪や敵味方の別を超えて行われてこそ意味がある。

会員限定記事会員サービス詳細