秘録金正日(9)

死亡当夜、平壌から3機のヘリ 看取ったのは「経験不足」の医師、記録が隠した不都合な真実 

 金日成(キム・イルソン)の死因について、米国政府は「ハートアタック(心筋梗塞)以外で死んだという証拠は、どこにも見当たらない」(当時の副大統領、アル・ゴア)とした。ところが、巷間(こうかん)では、「息子の金正日(ジョンイル)が怒らせたために心臓発作を起こし、治療措置を取らせなかったから死んだ」という噂が消えなかった。

 「米朝高官協議(ジュネーブ)が行われ、南北首脳会談も目前に迫った1994年7月8日の急死というのは、(会談に反対した金正日にとって)あまりにタイミングがよすぎる」(当時の米中央情報局=CIA=長官)からだ。そこで、北朝鮮は金日成の秘書室責任者だった全河哲(チョン・ハチョル)の「記録」を公開した。

原因は「熱い風呂」

 それでも、父の死に金正日の関与があったのではないかという疑惑はくすぶり続けたが、最近、死の謎を解く証言が浮上した。

 CIAで26年間、北朝鮮情報を担当したマイケル・リーによると、金日成の2番目の夫人、金聖愛(ソンエ)からオーストリアに住む娘の金敬進(ギョンジン)への通話内容にこんな会話が確認されたという。

会員限定記事会員サービス詳細