ソニー「エクスペリア」を格安スマホに投入へ イオンから発売 高級モデル路線を変更

 これまでの格安スマホは中国や韓国製が中心だったが、昨年後半から富士通やシャープなど国内勢も供給を始めている。さらにソニーのパソコン事業から独立したVAIOも日本通信と組み、独自開発したスマホを近く販売する。

 イオンは、ブランド力の高い「エクスペリア」を先行投入することで、格安スマホ事業者間の競争を優位に進めたい考えだ。

 一方、携帯事業の不振などで、大幅赤字を計上しているソニーは、高級モデルに集中する戦略を維持しつつ、格安スマホ市場にも活路を求める。イオン以外の供給も検討している。