品川で歩道陥没、女性転落しけが 東京

 品川区東五反田の国道1号沿いの歩道で23日午後、陥没事故があり、歩いていた近くの60代女性が深さ約1メートルの穴に転落した。女性は足の打撲などで2週間のけが。

 国土交通省東京国道事務所が調べたところ、ブロック敷の路面の下に約1メートル四方の空洞ができていた。歩道は24日夕に復旧し、陥没の原因や周辺歩道の安全などについて調査中という。

会員限定記事会員サービス詳細