現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

混乱の時代に国家の意義見直せ 新潟県立大学教授・袴田茂樹

世界は動乱の世となった。中露の大国主義と主権侵害、イスラム過激派の世界秩序への挑戦やテロ活動、欧州連合(EU)内の混乱と国家対立、これら諸問題に対する国連や米国の無力などは大方の予想外だった。近年は「グローバル化が進展する脱近代(ポストモダン)の21世紀には、近代(モダン)の国民国家とか主権や領土は意味を失う」という論が主流となったが、現実は逆だった。今や、主権国家の役割やその意義を見直す時だ。

国際秩序の混乱生む曖昧状況

1992年にF・フクヤマは『歴史の終わり』を著した。これは、根本的な対立の歴史は終わったという意味で、「今後は伝統的な主権国家の諸特徴の多くは消滅する」と予想した。そして、欧州共同体こそが歴史の終わりを象徴すると称賛し、ロシアはかつての拡張主義を捨て「小さなロシア」を選んだと言う。冷戦後欧州で国家主義(ナショナリズム)の抗争が高まる可能性もあるがそれは東欧やバルカンのことで、中国も経済主義的になって大国主義への回帰はないと予測した。しかし現実はこれら楽観的予測をほとんど裏切った。

ランキング

  1. 【正論】対韓輸出管理への対処が試金石 明星大学教授・細川昌彦

  2. 【沖縄考】慰霊の日の「バカヤロー」 那覇支局長・川瀬弘至

  3. 【産経抄】7月6日

  4. 【正論】ロシア正教会キリル総主教の正体 日本大学教授・松本佐保

  5. 【浪速風】夏の終わり

  6. 【主張】米で相次ぐ銃乱射 抜本規制で悲劇断ち切れ

  7. 【主張】KDDI通信障害 再発防止が最大の責務だ

  8. 【風を読む】北方領土「勇留島」を忘れない 論説副委員長・佐々木類

  9. 【産経抄】7月5日

  10. 【社説検証】NATO首脳会議 朝毎「外交努力を求める」、産経「安保協力を深めよ」

会員限定記事